カーディティーリング専門店   サンマリノ
HOME
こんなショップです
どこにあるの?
デントリペア
コーティング
内装クリーニング
ガラスリペア
その他のサービス
お問い合わせ


コーティング

● 大切な愛車の美観を、簡単なお手入れで長期間維持します。

ボディーカラーや塗料の種類(高機能塗装など)、また保管状態などに合わせたコーティングをご提案させていただきます。
 
● コーティングのメンテナンスについて

貴方の愛車は輝いていますか?
洗車だけで汚れが落ちますか?
シミだらけではないですか?
表面がザラザラになってませんか?

 ボディーのシミ
 ボディーのシミ
 ボディーのシミ

長期保証のコーティングの場合、メンテナンスが必須です。
コーティングの上に付着した汚れ、シミ、鉄粉などを除去することにより、良い状態を長期間維持することが出来ます。

弊社施工以外のコーティングでも、お気軽にご相談ください。


 
F02 弊社オリジナル
 弱親水性:効果持続期間 約2年

特殊フッ素樹脂が、微細なキズを埋めて鏡面状態を長期間維持。
被膜の硬度が低く、柔らかい塗装への追従性が高いため
セルフレストアリングコート(トヨタ)、スクラッチシールド(日産)などの塗装にお勧めです。
また有機系コーティングは雨シミなどが付きにくい利点があります。

(弊社オリジナルメンテナンスキット付き)
ECHELON CS-1
 弱親水性:効果持続期間 約2年
 メンテナンスが必要です

ECHELON CS-1詳細ページ

(弊社オリジナルメンテナンスキット付き)
Gzox ニューリアルガラスコート
 撥水性:効果持続期間 約3年
 メンテナンスが必要です

Gzoxニューリアルガラスコート詳細ページ

(弊社オリジナルメンテナンスキット付き)
ECHELON NANO-FIL
 滑水性:効果持続期間 約3年
 メンテナンスが必要です

ECHELON NANO-FIL詳細ページ

(弊社オリジナルメンテナンスキット付き) 
WS05 弊社オリジナル
 撥水性:効果持続期間 約5年
 メンテナンスが必要です

硬化の速い高純度のガラス皮膜をトリプルコーティング。
膜厚感のある優れた光沢が特徴です。

(弊社オリジナルメンテナンスキット付き) 
● GFHD05(ガラスファイバーコート HD)
 親水性:効果持続期間 約5年
 メンテナンスが必要です

自己洗浄機能(セルフクリーニング)を発揮する超親水ガラスコーティング。

(弊社オリジナルメンテナンスキット付き)
ECHELON Zen-Xero Dynamic
 撥水性:効果持続期間 約5年
 メンテナンスが必要です

ECHELON Zen-Xero Dynamic詳細ページ

(エシュロン純正メンテナンスキット付き) 

 
 コーティング料金(税別)

 新車:施工料金 (国産車)

   F02 Gzox
ニューリアル
ガラスコート
 WS05 ECHELON Zen-Xero Dynamic
  ECHELON
CS-1
 ECHELON
NANO-FIL
GFHD05   
 軽自動車 お問い合わせください
 小型車 軽1BOX
 中型車
 大型車
 1BOX RV

新車以外は下記の表面処理料金が追加で必要です
(表面処理:塗装面を磨いて新車時の状態に戻します)
外国車の料金はお問い合わせください


表面処理料金 (国産車)

   軽い汚れ、浅いすり傷など
軽い磨きで処理できる状態
重汚染・深いすり傷など
軽い磨きで処理できない状態
  表面処理:2~3工程 表面処理:4工程~
 軽自動車  お問い合わせください
 小型車 軽1BOX
 中型車
 大型車
 1BOX RV
鉄粉・塗料粉などの付着物除去は別途お見積もりさせて頂きます
外国車の料金はお問い合わせください
年に一度のメンテナンスをおすすめいたします。


メンテナンス料金

  通常メンテナンス/年 ハードメンテナンス
 軽自動車  ¥8,000~  ¥12,000~
 小型車 軽1BOX  ¥9,000~  ¥13,500~
 中型車 ¥10,000~  ¥15,000~
 大型車 ¥12,000~  ¥18,000~
 1BOX RV ¥15,000~  ¥22,000~
部分的なメンテナンスも随時行っております 
鉄粉・塗料粉などの付着物除去は別途お見積もりさせて頂きます 
弊社施工以外のコーティングでも、お気軽にご相談ください
 
 
サンマリノのコーティング

● コーティングの種類

ご予算やお好みに合わせてお選びいただけるように、数種類ご用意しております。
高機能塗装にも追従すべく随時見直しております。
(現在試験中のコーティングもあり、結果を見て販売予定です)

● コーティング施工前の表面処理(塗装面の磨き)

これが最も重要な部分だと考えています。
新車でも必要な場合が多いですし、施工ノウハウもこの部分がほとんどです。

また新型車に採用されている高機能塗装には、以前の技術では対応できません。
機材や液剤も含めて表面処理(磨き)技術も追従しております。

● ドア内側部分なども、専用コーティング剤で施工いたします。

 
 弊社で使用するコーティング機器の一部

● 光沢計
光沢計
塗装面の光沢(つや)の度合いを測定します。


● 膜厚計
膜厚計
塗膜の厚みを測定します。


● ポリッシャー類
大きさも様々ですし、いろいろな動きのものがあります。
ポリッシャー
(シングルアクション、ダブルアクション、リバースアクション、ピッチングアクション、作動制限クラッチを組込んだものなど)
バフや作動スピード、コンパウンドとの組合せが重要です。

● 照明
高輝度のライトを使用して塗膜を確認します。
ライトの種類によって見え方が大きく変わります。

天井照明
照明1

他の証明
照明2

特殊照明
照明3
輝度が高いだけだと、キズが飛んで見えにくくなってしまいます。
適度な輝度と色彩でキズを見やすくします。

 

● その他

その他

画像以外にもたくさんの専用機器があります。



Copyright 2012 sanmarino All rights reserved